なぜ?

くだらない男

まだ若かったころ、10歳近く歳上の彼氏に浮気されたことがあります。

 

付き合って数か月は、特に不審な点も無かったのですが、相手の夏休みが終わったあたりから(私は休みが取れませんでした)、急に態度がおかしいというか、行動に一貫性が無くなったというか。
そこから違和感を感じ、よくよく観察してみると、女の影が見え始めたのです。

 

頻繁に携帯をいじるようになり、私との約束も何かしら理由を付けてキャンセルが増えました。
でも、キャンセルするくせに、悪びれもせず次の約束を入れてくるし、こちらが面倒になって会いたくない態度を出せば、逆にすり寄ってくる感じでしたから、別れ話にまでは至りませんでした。

 

決定的に浮気の可能性を疑ったのは、とあるSNSを見てしまったときからでした。
そのSNSは、彼の行動がおかしくなった頃から始めたものらしく、携帯をいじるのもそのサイトにアクセスするためだと勘付き、カマをかけて「私も登録したい」と言ってみました。
そうすると、案の定「やめた方がいいよ」と即座に言われ、そのサイトの悪口をつらつらと並べ始めました。
面白くないだの、変な人が多いだの、迷惑メールが来るだの。

 

これは何かあるなと確信し、彼に知られないようなアカウントを取得し、色々な検索ワードで検索した結果、彼のアカウントにたどり着きました。
そこで見たのは、彼と同年代の既婚女性と頻繁にやり取りをしていて、決定的に男女関係があるとは書いていないけれど、それを匂わせる曖昧な日記ばかり。

 

彼は、「辛くなったらいつでも頼ってね」とか「(その女性を)最優先に考えている」とか、気持ちの悪いことを書いていました。
女性の方も、いつかこの家庭から解放してくれるだの、信頼しているだの、心では繋がっているだの、読んでいて寒くなるような文言ばかりを並べたてていて、二人とも道ならぬ恋に酔っているのがプンプン匂ってきました。

 

日記をさかのぼると、その夏休みから深い仲になったようで、腹を立てる前に、逆に納得してしまいました。
そして、不倫の事実に段々気持ち悪くなって、やっと別れを切り出せました。
別れ話の時、「あの人妻は寂しがっているのを慰めてやっただけ、お前とは真剣に結婚を考えている」とか意味の分からないことを言っていましたが、若い彼女が惜しかっただけでしょうね。全く心に響きませんでした。

 

そのあとほどなく、同年代の誠実な男性と知り合うことが出来たので、本当に別れられて良かったと思っています。